メインイメージ

消費者金融のトラブル対応

交通事故の慰謝料や消費者金融のトラブル対応に弁護士に依頼

交通事故で治療費や慰謝料などの示談の話になった際に、相手側に非がある場合になかなかその賠償費用などの示談がうまくいかずに交渉が決裂する場合があります。また、こちら側に非がある場合であっても相手側が示談に応じない場合もあるでしょう。

そうした際には裁判で争うことになります。そうした際には弁護士に依頼して対応をしていくことになるのが一般的ですが、交通事故の場合は一般的には自賠責はもちろんのこと任意保険にも加入しているのが一般的であり、裁判になったとしてもその任意保険の範囲内で専門家への委任費用などを出してくれる場合が多くあります。また、ある程度双方の言い分を聞いた裁判所から和解勧告が出される場合もあるなどして、よほどの重大事故でない限りは終息に向かうことになります。

どうしても納得ができないような場合には訴訟を継続して行くことになりますが、交通事故に関する示談、和解に関する勧告が出されていても継続することに意味があるのかどうか、メリットがあるかどうかをよく相談することも必要になる場合もあります。

このように交通事故の場合の裁判などは、自賠責や任意保険で弁護士などが対応することになりますが、こうした交通事故以外でも弁護士が活躍する場はあります。

消費者金融などでいわゆるサラ金問題解決のためにこうした弁護士や司法書士に相談することがありますが、自己破産や民事再生などの場合には弁護士に相談し、彼らがその解決に向けてその委任を受任した場合には利息の計算や取り立て行為がストップするため、生活再建に向けた取り組みを行う点においても相談や依頼することが非常に重要になると言えます。

無論、こうした自己破産や民事再生などは裁判所で認可してもらう必要があり、また、信用情報会社でいわゆるブラックリストに載ってしまいますから、当然ですがメリット、デメリットはあります。それでも彼らに委任して法的整理を認可してもらった方が、これからの生活再建には必要と考えられるために、自転車操業に陥っている場合などは早めに相談して解決を図っていく方が無難といえます。

また、かつての利息制限法の関係で、払う必要がなかった利息を払っていた場合においては、その分を取り返すことができる場合もあり、そうした際には借金と相殺ができたり、あるいは返金してもらえる可能性もあることから、あきらめずに法律の専門家に相談してみることも重要と言えます。

最近の投稿