メインイメージ

交通事故の等級

弁護士に相談:交通事故を起こしたときの等級

交通事故を起こしてわからないことがあれば弁護士に相談しましょう。たとえば等級についてはどうなるのか不安な人も多いでしょう。任意保険に現在入っている人は等級が決定していますが、交通事故を起こしても保険を使用しなければ階級は下がりません。

軽い事故で単独で相手がいない場合には自費で支払って保険を使用しなければ階級には傷がつきませんが、人身事故を起こしてしまい、相手もいる事故で、そして保険を使わなければ損害金や慰謝料が支払えないということになれば、階級に傷がつきますが保険会社に連絡をするより他方法がありません。

現在たとえば15の人で交通事故を起こして保険を使用してしまった場合には、翌年の契約の際には等級は1つ下がるのではなく3つ下がります。
たとえば事故の度合いにもよりますが歩行者に怪我をさせるよう菜交通事故を起こした場合に対人賠償保険を使用すれば3下がります。そして3下がりますから12になりますが、同じ12でも事故を起こしたことがある人と無い人でも契約の保険料は違いがあります。

無事故の場合には47パーセント割引ですが事故を起こした人は27パーセント割引なので20パーセントほど保険料に差があるのです。そして3つ階級がダウンしてしまい翌年の契約から3年間は事故ありということが続いていきます。そしてまた3年後3つあがったときに元の15に戻り無事故ということになります。
事故で保険を使った場合にのみダウンするので、もし自力で支払うことができて保険を使わないのであれば事故を起こしても傷がつくことはありません。

そして同じ階級であっても交通事故の無事故と事故を起こしている人では保険料に違いがあること、3つダウンしたら3年間は事故ありということで保険料が高くつくということになります。この下がる具合についてですが事故の種類でももちろん違います。1つ下がる事故は台風や盗難があります。自然災害にあって使った場合は1つだけ下がるのです。ノーカウントになることもあります。それは保険を使ったとしてもノーカウントになる自己、それは自動車事故弁護士費用等保証特約、ファミリーバイク特約の事故です。基本的には3つ下がりますが1つ下がる事故もあれば、ノーカウントになる事故もあるということを覚えておきましょう。

保険を使わない方がいいのか、それとも階級を下げてでも保険を使った方がいいのかそれをシュミレーションすることができるサイトもあります。保険を使えば保険料も以後3年間必然的に上がりますのでその点も考慮して使用を検討しましょう。

最近の投稿