メインイメージ

弁護士特約

交通事故の際に利用できる弁護士特約

現在加入している保険に、弁護士費用の特約がついている場合は、交通事故の加害者となってしまった際に、相談料や示談の際の交渉や、訴訟の費用が保険から支払われることになります。これが特約で、加入の条件などは個々の商品により異なってくるのです。

そのため、交通事故の際には、この保険会社との合意があることで、保険会社との示談にも応じてもらう事ができることがあります。この交通事故の活用できる保険会社との合意の制度は、個人の加入している保険証券などで確認する事ができ、弁護士費用の支払われるかどうかが記載してあります。

また、交通事故の際に弁護士に相談すると、裁判になる可能性が高いと考えられがちですが、これは必ずしも裁判になるわけではなく、相手方の保険会社との示談によって、適切な金額での和解ができれば、裁判は行われません。

そして、この保険会社との合意の制度を使っても、加入している保険の等級は下がりません。この制度に加入し、利用すると等級が下がって保険料が上がってしまうのではないかと心配されがちですが、この保険会社との合意の制度を使っても、現在の等級は下がることはなく、その後の保険料金の支払いで不利になるような事はないのです。そのため、安心して相談する事が出来るようになっています。

交通事故について過失が認められる場合でも、この制度は利用できます。一般的には、加害者側に不利な状況では、この制度を使えないと誤解されがちですが、この保険会社の制度はこのようなケースでも利用できるのです。

この制度には歩行中の事故や、自身ではなく家族の事故、交通事故以外の事故にも適用できるものもあります。この制度は一般的に、車を運転していて加害者である場合だけではなく、歩行中や他の車に乗車中に遭遇した交通事故でも適用される事があり、この制度を使用することで、問題を解決する事ができるようになっているのです。

これは各保険会社により取り決められており、その保険の補償内容により異なりますが、万が一事故に遭った場合は、この補償内容を確認する事が重要になります。

配偶者の方やお子さまが事故に遭われた場合も、この制度を使うことができるケースがあります。これは何らかの事情で暴行を加えられ、身体的な負傷を負ったような場合でも弁護士の方に相談でき、この制度が適応されるもので、この保険の制度は非常に活用範囲の広いものとなっているのが特徴です。

最近の投稿